傷跡をレーザー治療で綺麗に消す|ナチュラルビューティー肌

エランセでシワを改善

2人の看護師

ヒアルロン酸以上の持続性

大阪の美容皮膚科で人気のある施術のひとつがシワの治療です。一般に大阪の美容皮膚科で行われているシワ治療で多いのは、ヒアルロン酸を注入するという方法です。ヒアルロン酸は柔らかい自然な仕上がりが魅力の注入剤です。しかし、効果の面では半年くらいしか持たないことがあるなど、デメリットもあります。そこで、大阪の美容皮膚科ではエランセという注入剤を注射してシワを改善するという施術も取り入れています。エランセはヒアルロン酸と比べるとシワ改善効果が長く、約3年間もつとされています。しかもエランセを注入した箇所には、自分自身のコラーゲン組織が新たに生成されやすくなるというメリットがあります。これはエランセという素材が持つ特徴によるものです。

手術用の溶ける糸が原料

大阪の美容皮膚科で用いられているエランセは、もともと外科病院の手術において使われる糸をごく小さな球状に加工したものです。エランセの原料となっている手術用の糸は溶けるタイプの糸なので、注入したエランセはヒアルロン酸の場合と同じようにいずれは肌へと吸収されていきます。手術用の糸と全く同じ安全性を持っているので、顔などのデリケートな部位にも問題なく使うことができます。エランセは大阪をはじめ、世界中で約70の国と地域において美容整形に用いられています。このように信頼性の高い施術法なのでどこででも受けることはできますが、約3年間効果をしっかり持たせるためには技術の確かな大阪の美容皮膚科で施術を受けることが大切です。